家庭のライフハック

暑さが続く中、熱中症対策は介護にも重要です

更新日:

梅雨が明ける前から連日の暑さが続いています。西日本では豪雨により甚大な被害が発生しました。日本全国がこの夏は暑さとの戦いです。

被災地の様子がTV画面に映し出される中、汗だくで作業にあたる住民、ボランティアの皆さん。体調を崩される方も多いはずです。

外での作業は、炎天下の中想像もつかない事です。そして、熱中症対策が叫ばれています。

一般に熱中症にかかりやすいのは、乳幼児、その次に高齢者が続きます。

我が家の両親も高齢者なので、日頃から熱中症対策には心しています。

高齢者になると、自分自身の皮膚感覚が鈍くなるため、外気温度が上がっているにも関わらず、気温が上昇している部屋に平気でいるのです。

そして、クーラーや扇風機の風が直接当たることを嫌います。

ですから、家族が部屋の温度管理や服装に関して、気遣ってあげなければなりません。

実際に、父の寝室には、今クーラーは付けず風通しを良くして寝ています。

しかし朝から強い日差しが部屋に入り込むとそうはいきません。

クーラー設置の部屋へ移動させて、体感温度をこちらが管理し、部屋をドライ設定にして、冷え込まないようにします。

ある程度部屋を涼しくするために扇風機を直接当たらないよう弱風に上向きにまわし、部屋に冷気を循環させて快適な温度設定(ドライで27度前後)にします。

父は特に左足の循環が悪いので、夏場でもソックスをはいています。この暑さの中。と思いながらも、体調はそれぞれ。

冷やしすぎると、足がつることもあります。

洋服の選択も本人の体調に合わせ、すこし暑くないだろうかと心配になりながらも、皮膚感覚が鈍っていると、薄着はさせられないのです。

また、水分補給に関しては、カフェインの少ないものを中心とした飲料、そして果物類を多く摂取するように心掛けています。スポーツはしませんが、塩分やアミノ酸が入った飲料、食欲が不振の際に栄養が含まれている飲料等も常時用意し、補給させています。

トイレが近くなることを気にしますが、過去に一度脱水症で救急搬送されたことがあるので、同じ失敗を繰り返さないためにも、できるだけ美味し味の飲料で、水分補給をしています。

これからが夏本番の季節です。食欲不振になりがちですが、口から食べ物を頂くことが一番栄養になります。柔らかい食感で、かつエネルギーもある肉・魚類、のど越しのよい食べ物を工夫しながら、この夏も両親共々体調を崩さないように頑張ってもらいたいものです。

季節ごとに日々工夫しながらの介護生活はこうして続くのです。

また、暑くなると血圧も上昇してきます。

高血圧気味の人は心筋梗塞などで急に倒れる可能性もあります。

この機に高血圧対策をするのもいいでしょう。

高血圧対策としては、血圧が高めの方のタブレットの口コミなどについて解説したサイトが役立ちますよ。

-家庭のライフハック

Copyright© 家庭のライフハック , 2018 AllRights Reserved.